testコース

Pocket

concept

臨床経験半世紀以上!あの山嵜先生が福井に来る!

Fit開校記念特別セミナーとして、なんと臨床経験半世紀以上の現役理学療法士、山嵜勉先生を福井県にお招きさせて頂きます。山嵜先生は、山口光圀先生、福井勉先生、入谷誠先生など理学療法士業界でも有名な先生方の上司でもあり、「整形外科理学療法の理論と技術」「形態構築アプローチの理論と技術」などの著書も執筆されています。今回のセミナーでは、山嵜先生が提唱されている「形態構築アプローチ」について、実技を中心に教えていただきます。

yamazaki2

形態構築アプローチとは?

人間は進化の過程として胴体から肢を派生させ、現在として直立二足立位・歩行を獲得し今日に至っています。ヒトの基本的な形態が立位であることや動作システムは進化の過程においても踏襲してきたと考え、「形態構築アプローチ」は構成されています。運動機能が破綻すると、人間としての基本的な立位形態が変化し動作が困難、もしくは不能となります。そのため、本来ヒトのもつ形態を踏まえ、その形態を再構築していく必要が有ります。形態構築アプローチとは、そんなヒトの基本形態を指標とし、破綻した形態の再構築により動作能力を再獲得させ、運動機能の修復を図るアプローチのことをいいます。

concept

山嵜先生が参加者一人一人に実技指導!

この理学療法・作業療法などの基礎となりえる「形態構築アプローチ」について、山嵜先生より直接実技を交えながら学んでいきます。さらに今回、山嵜先生のご厚意により「参加者一人一人に実技指導を」とのことで一人一人に実技指導をしてくださることになりました!この機会に是非、知識・スキル共に熟練したセラピストとしての匠の技・ヒトを診る一流の視点に触れて頂けたらと思います。

<プログラム>
・リハビリテーション概念を今一度胸に刻む
・リハビリテーションと理学療法・作業療法・言語療法の違い
・アセスメントにおける基礎ポイントと重要な視点
・相手の能力を引き出す問診の方法
・身体機能面を踏まえ、活動・参加に繋げるためのゴール設定の作り方
・リハビリテーション従事者としての自身のゴール設定(過去・現在・未来)

Pocket

PAGE TOP