1. HOME
  2. イベント
  3. セミナー
  4. ウィメンズヘルスケアフォーラム2019 大阪大会

ウィメンズヘルスケアフォーラム2019 大阪大会

フォーラム概要

年々、需要が増しているウーマンズヘルスケア。
過去数回に渡って行っているこのフォーラムも、お陰様で年々参加者が増えていき、その関心の高さが伺えます。
我々セラピストもこの流れに合わせて最新の情報や技術を獲得していく必要に迫られています。今年は講師陣の数も増え、昨年よりも更に充実した内容となっております。
様々な領域の女性医学を広く、深く学べる数少ないチャンスです。前回参加された方も、更に満足できる内容となっていますので、ぜひ、ご参加ください!

登壇者

  • 講演概要
  • プロフィール

産婦人科医院における理学療法の紹介

妊娠出産により女性の心身は大きく変化します。また、心身のみならず環境も変化します。このような変化の中で、様々なことが要因となって腰痛や骨盤帯痛、尿漏れなどのマイナートラブルが起こります。こういった知識は広く知られるようになり、またセラピストが学べる場も多くなってきました。しかし、マイナートラブルを抱える妊産婦が安心して相談できる場所は未だに多くはありません。
今回は、産婦人科医院において理学療法士としてどのようにマイナートラブルに関わっているのか、そのシステム作りから現在の状況をお話します。また、産婦人科領域での活動において欠かすことのできない多職種連携の取り組みについても紹介します。

新谷 礼先生


[プロフィール]
急性期・回復期病院で様々な疾患に携わり、その後30歳代で養成校の教員となる。
教員として学生指導に奮闘する中で、8年の不妊期間に終止符を打ち妊娠。妊娠中は大きなトラブルは無かったが、出産時に母体死亡率の高い「子宮内反症」になり大量出血をおこす。なんとか一命を取り留めるも、その後に体力の低下やマイナートラブルに見舞われ育児に対する困難さを感じた。その経験から、女性の健康やヨガに興味を持つ。
現在は、産婦人科医院に勤務し「笑顔の育児につながるように」という想いで、産前・産後の理学療法に携わっている。また、産後リハビリテーション研究会大阪支部やマザーヘルス協会(MHA)に属し、産前産後の知識や他職種連携を深める活動を行っている。

[所属]
江川産婦人科
産後リハビリテーション研究会 大阪支部 運営幹事
マザーヘルス協会(MHA)理学療法部門 代表

[資格]
理学療法士
月経血コントロールヨガ
産後ママのためのメンテナンスヨガ
アメリカ理学療法士協会認定女性医学コース 「産前産後の理学療法1」 「骨盤底の理学療法1」終了

  • 座学概要
  • 実技講習①&②
  • プロフィール

快適な生活を実現するための産前・産後ケアの考え方:リアライン・コンセプトに基づく治療法

ウィメンズヘルスケアフォーラム2019での講演では、以下の3つについてお話しようと考えています。
(1) 産前・産後の骨盤帯痛に関する文献的知見を整理し、エビデンスに基づく産前・産後ケアについてお話合します。
(2) 産前・産後に好発する愁訴に対する治療法についてお話します。妊娠・出産は骨盤だけでなく、胸郭、腹部に様々なダメージを与えます。さらに産前から産後にかけて側臥位姿勢の継続による体の側面の組織の癒着の影響、さらには産後の授乳や抱っこによる頭頚部や上背部の不快感が好発します。さらに、腹部では胃周囲の癒着による胃の不快感、膀胱周囲の癒着による膀胱下垂とその影響で生じる頻尿、尿もれ、膀胱瘤などの治療経験をお話したいと思います。
(3) 最後に、骨盤底筋に生じる癒着についてお話します。組織間リリースの技術を用いると、組織間の癒着を精密に分析することができます。これまでの経験から、骨盤底筋および周囲の神経には様々な癒着パターンがあり、その癒着のある状態でのエクササイズは効果が得られにくいばかりか、骨盤底筋の緊張を増強させて坐骨間の接近、尾骨の前方移動による仙骨後傾(前傾制限)、さらには尿もれや骨盤底筋過緊張による疲労感(臓器下垂感)などにも繋がります。骨盤底筋の自由度の高い滑走性の獲得がもたらす効果について、いくつかの症例を報告します。
以上を90分間の講演で深く説明することは容易ではありませんが、今回は骨盤初心者にも理解していただけるレベルを予定しています。

産前・産後の仙腸関節痛に対する治療とセルフケア

※実技講習は別途『実技チケット』の購入が必要です。お申込み時に『実技チケット』を必ずご購入ください。
※実技講習①、②とも同じ内容ですので、いずれか1回にご参加いただきますようお願いします。

妊娠中と産後では仙腸関節痛の病態も多少異なります。しかし、本質的には骨盤マルアライメントによる仙腸関節離開の状態を評価し、そしてその結果生じた疼痛の発生源を精密触診によって特定することにより、かなりスッキリと病態を整理することが可能です。この実技講習では、マルアライメントの治療に必要な治療技術として、デバイス(リアライン・コア)を含めた運動療法、癒着に対する徒手療法としての「組織間リリース」を紹介します。

[対 象]
原則として医師および理学療法士、作業療法士に限定させていただきます。株式会社GLAB主催のセミナーにご参加された方にとっては内容が重複しますので、まだ蒲田のセミナーを受講されていない方にお勧めの内容です。

蒲田 和芳先生

広島国際大学リハビリテーション学科 教授、株式会社GLAB代表取締役、(社)日本健康予防医学会 副理事長

【資格】
学術博士、理学療法士、日本スポーツ協会アスレティックトレーナー
【教育活動】
大学教員として「スポーツ外傷治療学」、「運動療法学」、「理学療法研究法」を担当。
【研究活動】
大学院生とともに「関節バイオメカニクス」、「組織の滑走性および組織間リリース」、「ACL損傷予防」、「骨盤マルアライメントと仙腸関節痛」などのテーマに取り組む。
【臨床】
アスリートのスポーツ外傷後のリハビリテーション、関節マルアライメントの治療、産前・産後ケアなどに取り組んでいる。
【治療理論】
関節疾患の治療や関節機能を最大化するためのトレーニングにおいてアライメントの最適化を重視する治療・トレーニング理論である「リアライン・コンセプト」を提唱。

【徒手療法】
組織間の癒着の治療法としての「組織間リリース」を考案し、セミナー等を通じて普及を進めている。組織間の滑走性を制限する疎性結合組織に対して、直接的に働きかけて、皮下組織(superficial fascia)から関節包まで、あらゆる組織間の滑走性を改善する技術として、幅広く使われれている。
【産前・産後ケア】
2008年ころより骨盤マルアライメントの研究を開始し、2014年より産後の仙腸関節痛の研究を開始した。2018年より、ウーマンズヘルスケアフォーラム、周産期ケア勉強会、産前・産後ケアセミナーシリーズを開始し、セラピストの育成に取り組んでいる。主なケアの対象としては、頭頚部・上背部の末梢神経障害、腰背部痛、腹直筋離開、食欲不振・胃痛、胸郭可動性、腹筋群機能、骨盤底筋機能低下、頻尿、尿漏れ、臓器下垂感、臓器脱、仙腸関節痛・恥骨部痛など。
【執筆活動】

書籍監修17 件、単著1 件、章執筆20 件、DVD 監修10 件
学術論文 72 件
その他 (総説) 114件
学会発表 296件
【著書】

リアライン・トレーニング体幹・股関節編(講談社)

【監修】

Sports Physical Therapy Series (12冊)(ナップ)
コアセラピー(講談社)
コアコンディショニングとコアセラピー(講談社)

  • 講演概要
  • プロフィール

出産に至るまでの生理学的な身体変化

妊娠・出産時、脳は動物的な状態になりやすく、危険察知しやすい
私が最近衝撃を受けた言葉です。確かに!と思う方多いかもしれませんね。
身体変化だけでなく、心も脳も、大きく変わるのが妊娠・出産です。
また、何も知らずにその変化に直面して戸惑いを感じるより、正しい知識を得て、準備するのはとても重要だと思います。
日頃、マタニティヨガや産後の整体でたくさんの方と出会う中で感じていることや、私なりの考えをたくさんお伝えできたらと思います。

丹羽 麻奈美先生


[プロフィール]
総合病院、東京都内整形外科クリニック勤務後、現在は女性に特化した整体院、つくば市女性のための整体サロンPALM(パルマ)にて、様々な身体トラブルに対して施術を行っている。
また、医学的な視点からヨガレッスンを展開。
東京都内のヨガインストラクター養成校にて解剖学講師やウーマンライフヨガ(女性の一生涯をケアするためのヨガ)のトレーニングコースを担当。
妊娠前の身体作りや、産後ケアについて講義とヨガを交えながら全国でセミナーを開催している。
[資格等]
理学療法士/マタニティヨガインストラクター/ガスケアプローチ腹筋編レベルⅠ修了
[所属]
つくば市女性のための整体サロン PALM(パルマ)代表
[研究実績]
第47回日本理学療法学術大会 奨励賞
「回復期リハビリテーション病院で働く女性PTを対象とした意識調査~女性PTの離職率改善に向けた取り組み~」

  • 講演概要
  • プロフィール

乳がんサバイバーのサポーティブケア

近年、医学と技術の進歩により、乳がんの早期発見と早期治療が可能となり、生存率が向上しています。現在は、女性の1/11人が罹患し、年間7万人も増加しており、今後も乳がんサバイバーは多くなると推定されています。しかし、がん治療による副作用や合併症の有病率も増加し、多くの方の身体・精神機能の低下やQOLの低下が報告されています。
がん治療(手術、放射線、化学療法、ホルモン療法)による疼痛や痺れは、乳がん術後1年以上を経過しても約50%の患者が訴えており、そのうち約70%が術側上肢以外にも疼痛を認めています。日本以外でも疼痛や痺れの有訴率は高く、過去10年間で変化がない状況です。原因の1つとして、疼痛や痺れの評価が不十分で、適切な治療が提供されていないことが挙げられており、世界中で疼痛や痺れに対する評価や治療の重要性が示唆されています。
本フォーラムでは、術前に評価しておくべき機能予後の予測因子、化学療法中や化学療法後の疼痛や痺れに対する介入、ホルモン治療中の疼痛の管理、リンパ浮腫に対する正しい運動指導と管理(ヨガ)など、最近の知見と当院で行っている研究、実際の症例を提示していきたいと思います。

・乳がんの基礎知識
・がん治療による副作用とは?(疼痛、痺れ、浮腫など)
・疼痛や痺れに対する評価、治療
・症例報告

萬福 允博先生

[プロフィール]
大学病院では、運動器や脳血管、呼吸器、心大血管、小児、救命救急センターなど、様々なリハビリテーションに従事。その中でも、がん性疼痛に興味を持ち、研究を開始するもDietzの分類(がんのリハビリ分類)でいう維持期や緩和期に生じる疼痛そのものに対して、理学療法では何もできないと痛感。緩和期になる前の予防期や回復期での関わり方、QOL向上が重要と考え、大学病院を退職し、現在は乳がんサバイバーに対して理学療法を提供。また、QOL低下の主な要因であるがん治療誘発性の疼痛や痺れに対する評価や治療の研究に取り組んでいる。
ー理学療法士、作業療法士、言語聴覚士のためのサイト post(ポスト)より

【資格】
理学療法士
がんのリハビリテーション研修 修了
ヨガインストラクター
【職歴】
H23年〜H29年:大阪医科大学附属病院 リハビリテーション科
H29年:田辺整形外科 上本町クリニック
H29年:乳腺ケア 泉州クリニック リハビリテーション科 科長(現在に至る)
【学会,研究会発表】
・第11回 日本運動器疼痛学会 
 :「乳がんサバイバーの疼痛の有訴率及び疼痛に影響する因子の検討」 
・第18回関西がんのリハビリテーション研究会
:「化学療法中の疼痛管理」
・The 17th IASP World Congress on Pain 
 :「Multidimensional evaluation of factors associated with chronic pain including
central sensitization in breast cancer survivors」
・第26回日本乳癌学会学術総会 
:「乳がん術後の化学療法誘発性神経障害性疼痛に対するがん脅威解釈モデルに
基づいた理学療法(CTIPT)の効果」
・第2回理学療法カンファレンス
:「乳がん術後の化学療法誘発性疼痛に対して運動療法に加えた患者教育・身体
活動量のぺーシンクが奏功した1症例」  
・第17回関西がんのリハビリテーション研究会
:「がん性疼痛と中枢性感作の関連」
・第22回日本ペインリハビリテーション学会学術大会
:「乳がん術後の化学療法誘発性関節及び神経障害性疼痛に対し運動療法と患者
教育が奏功した1症例」
・第21回日本緩和医療学会学術大会
:「経皮的電気刺激治療により化学療法誘発性神経障害性疼痛が軽減し、身体活
動量とQOLが改善した1症例」
・第4回日本がんリハビリテーション研究会
:「運動療法によりがん性疼痛の軽減が得られ日常生活動作が改善した 1 症例」など

【所属学会】
IASP (International Association for the Study of Pain)
ASCO (American Society of Clinical Oncology)
日本乳癌学会
日本緩和医療学会
日本運動器疼痛学会
日本ペインリハビリテーション学会 など

タイムスケジュール

詳細

日時

2019年7月7日(日) 10:00〜17:00(受付9:15〜)

会場

TKPガーデンシティ大阪梅田
(〒553-0003大阪府大阪市福島区福島5-4-21 TKPゲートタワービル)
※JR大阪環状線 大阪駅 桜橋口から 徒歩8分
※JR大阪環状線 福島駅 出口から 徒歩3分

対象

療法士、看護師、助産師、その他セラピストなど

定員

400名
※実技講義は80名

料金

大会参加チケット:12,960円(税込)
実技講義参加チケット:2,160円(税込)
※実技講義のみの参加はできません。

主催

株式会社エバーウォーク

共催

株式会社GLAB

【注意事項】
・お振り込みの有無に関わらず、キャンセルには対応致しておりません。 お申し込みをされた時点で受講料の100%の料金が発生致します。また、お振込み後の返金はいかなる理由でも致しかねますので、予めご了承頂きますようお願い申し上げます。
【領収書について】
・領収書の発行はPeatix内で可能です。こちらをご参照ください。

お申込み

ボランティアスタッフ募集中!

Future

今後開催予定のイベント一覧 | セミナー