セミナー情報

  1. 距骨について

    足部には3つの領域があり、それぞれ骨の配置と1個あるいはそれ以上の関節から成り立っています。 後足部は、距骨、踵骨、そして距骨下関節からなります。 中足部は、足根骨と横足根骨と小さな遠位の足根間関節からなります。 前足部は中足骨と指節骨からなり、足根中足関節とその遠位のすべての関節を含み…

  2. セミナー告知

    こんばんは❗女性リハのリハビリテーション研究会です💡今年分のセミナーの募集状況です❗○東京セミナー今年の東京セミナーは全て終了致しました。どのセミナーも満員で開催することができました。ありがとうございました。○大阪セミナー【臨床コース~女性特有の症状・特性…

  3. 募集中のセミナー

    東京セミナー【臨床コース~女性特有の症状・特性に基づいた アプローチin東京】→満員御礼✨『9/23 妊娠過程のケア』 ・妊娠期の身体的変化の基礎解剖 ・妊娠期におけるホルモンバランス変化 ・妊娠期のリスク ・妊娠期における徒手、運動療法『9/24 産…

  4. セミナー告知

    セミナー告知東京セミナー【臨床コース~女性特有の症状・特性に基づいた アプローチin東京】『9/23 妊娠過程のケア』 ・妊娠期の身体的変化の基礎解剖 ・妊娠期におけるホルモンバランス変化 ・妊娠期のリスク ・妊娠期における徒手、運動療法→残り1席…

  5. セミナー告知

    セミナー告知東京セミナー【臨床コース~女性特有の症状・特性に基づいた アプローチin東京】『9/23 妊娠過程のケア』 ・妊娠期の身体的変化の基礎解剖 ・妊娠期におけるホルモンバランス変化 ・妊娠期のリスク ・妊娠期における徒手、運動療法『9/24 産…

  6. セミナー情報

    女性リハのセミナーは毎月実施しています❗特に今年は東京、大阪、福岡の3都市で基礎コース、臨床コースを開催しています✏【臨床コース~女性特有の症状・特性に基づいたアプローチin大阪】 『8/26 呼吸機能と骨盤の関係』 ・女性の呼吸機能の基礎解剖学 …

  7. 上肢位置によって骨盤底筋群の働きも変わる?

    骨盤底筋群は単体で働くのではなく、多くは横隔膜などほかの筋と協調して働きます。妊娠中期~後期には子宮が増大し、横隔膜が圧迫されて深呼吸が行いにくくなります。 また、子宮など内臓の重みを常に支え続けているため骨盤底筋群も脆弱しやすくなってしまいます。横隔膜や骨盤底筋群が十分に機能し…

  8. 無意識下での収縮に必要なこと

    骨盤底筋群はインナーユニットの一部であり、普段から意識していなくても働いていることが必要な筋肉です。 筋の収縮が感じられない場合は、感覚入力を行いながら収縮してもらい獲得していく必要があります。 その場合、呼吸に合わせて収縮を促していくことが多いと思いますが、本来は無意識下で働いていて欲しい…

  9. 口を閉じた時歯がくっついていますか?離れていますか?

    噛みしめや食いしばりでなくとも上下の歯が接触する程度でも筋の緊張・疲労が生じ顎関節症になる恐れがあります。テレビを見ている時や長時間パソコンをしている時など猫背になり頭位前方に移動しているときに歯の噛み合わせが起こりやすいので意識してみてください。噛みしめや食いしばりをしていると咀嚼筋が常に緊張して…

  10. どんな事でも基礎は大切

    産後ケアや女性の生理・不調のためのケアが重要視されて来ており、現在既に関わっている方もいれば、今後関わりたいと思っている方も多いと思います。その為には妊娠・出産・産後の知識は最低限必要となります。しかし、実際に接する機会がなければ中々学びにくい分野でもあり、どこから学んで良いかわからないのが現状では…

PAGE TOP