fbpx
  1. HOME
  2. ブログ
  3. 【イラスト】5分で理解する月経・生理のメカニズム

【イラスト】5分で理解する月経・生理のメカニズム

女性の体の悩みで頻繁に挙がる月経・生理の悩み。
月経・生理の時期には様々な症状が出てきます。

今回は生理のメカニズムをイラストでわかりやすく解説します。

4つの月経・生理の周期 

月経・生理は約1ヶ月の間隔で起こり、数日で自然に止まる子宮内膜からの周期的な出血のことを指します。 月経・生理の周期は、以下の4つの時期に分類されます。

①卵胞期 ③黄体期
②排卵期 ④月経期

①卵胞期─受精卵を迎えるためのベッドを作成─

卵胞期は受精卵が着床しやすくなるように、子宮内膜を増殖させる時期です。 つまり、『受精卵を寝かせるためのベッドを作る』期間です。 この時、作用の中心となるホルモンが「エストロゲン」です。

【エストロゲン】
女性ホルモンの一種で『卵胞ホルモン』とも呼ばれる。
骨量の維持や皮膚の美容や精神面に作用がある。

卵胞から分泌されたエストロゲンは子宮内膜を増殖・肥厚させます。 このエストロゲンの働きにより、受精卵を迎え入れる土台を作ります。

②排卵期─卵子が排出される時期─

この時期は成熟した卵胞から卵子が飛び出し、卵巣を出ていく「排卵」が起こります。 このとき、子宮内に精子が侵入すれば卵子と結合して受精することができます。

③黄体期─子宮内膜が着床に適した状態に変質─

受精卵が子宮内膜(ベッド)に着床して初めて妊娠となります。 この黄体期では『プロゲステロン』重要な役割を担います。

【プロゲストロン】
女性ホルモンの一種で黄体ホルモンとも呼ばれる。
基礎体温を上昇させ、妊娠の維持、乳腺の形成などに働き、妊娠に欠かすことのできないホルモン。

黄体期においてプロゲステロンが大量に分泌されることにより、子宮内膜が着床に適した状態になります。 つまり、①の卵胞期でエストロゲンが作成したベッドに、プロゲステロンがふかふかの布団を敷いてるイメージです。

また、黄体期は子宮内膜が充実する影響で下腹部になんとなく不快感や違和感を感じる時期でもあります。 プロゲステロンは妊娠への働き以外にも精神的にデリケートな状態にさせる作用もあります。 そのため身体・精神面に不調がでる月経前症候群(PMS)はこのプロゲステロンのバランスの崩れが大きな原因だと言われています。

④月経期(生理)─子宮内膜の剥離・排出─

一般的に『生理』と呼ばれているのは、この時期のことを指します。 この時期は子宮内膜の剥離によって経血が排出されます。 3〜7日ほど経つとエストロゲンが再び分泌され、子宮内膜が再生しすることで止血されます。

[グラフィック]西嶋 大樹(株式会社エバーウォーク)
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, images are strictly prohibited.

(当サイトの画像の無断転載・複製を固く禁じます。)

ウィメンズヘルスケアをさらに学びたいあなたにおすすめのイベント
登壇者

・田舎中真由美(フィジオセンター)
・蒲田 和芳(広島国際大学)
・山中 錠一(妊産婦整体 ふうふや)
・河合 麻美(ReMind)
・福場 美知留(アロマ・リンパセラピスト協会)
・小島 賢司(地域療育センターあおば)
・山上未菜子(女性のからだ研究室)
・篠崎 克子(国際医療福祉大学大学院)
・坂本 飛鳥(西九州大学) )

詳細
会場 浅草橋ヒューリックホール
※総武線「浅草橋駅(西口)」より徒歩1分
※都営浅草線「浅草橋駅(A3出口)」より徒歩2分
対象 療法士、看護師、助産師、その他セラピストなど
定員  400名
※実技講義は70名
主催 ウィメンズヘルスケアラボ
株式会社エバーウォーク
共催 株式会社GLAB

イベントの詳細・申込みはこちら

その他イベント一覧