fbpx
  1. HOME
  2. ブログ
  3. 【尿もれに関係】イラストで覚える陰部神経の解剖学

【尿もれに関係】イラストで覚える陰部神経の解剖学

ウィメンズヘルスケアの悩みで案外多い、『尿もれ』。
これらの症状に関係する要素の一つの『陰部神経』について復習してみましょう。

会陰・骨盤底に関連する神経支配は大雑把にまとめると以下のようになります。

領域 神経支配
会陰の皮膚(前部以外) S3〜S5
会陰の前部 L1
外肛門括約筋と外尿道括約筋を含む、会陰と骨盤底にある大部分の骨格 S2〜S4
会陰の体性運動性及び感覚神経支配の多く 陰部神経(S2〜S4)

陰部神経は上記の通り、会陰の主要な神経であり、その走行は骨盤の坐骨棘と密接に関わっています。
左右とも、坐骨棘とそこに付着している仙棘靭帯が、骨盤の側壁で大坐骨孔と小坐骨孔を分けています。
陰部神経は、大坐骨孔を通って骨盤腔の外に出た後、すぐに坐骨棘を周り、小坐骨孔を通って骨盤底の下方で会陰に入ります。
坐骨棘は、女性では経膣的に触診することができ、陰部神経ブロックを行う際の目印ともなります。
この辺りには尾骨筋や肛門挙筋、梨状筋なども走行しています。
これらの筋肉の伸張性が低下していたり骨盤のアライメント不良が生じていた場合、
陰部神経にも影響を及ぼすことが考えられます。
外尿道括約筋も陰部神経によって支配されているため、膀胱に機能にも不安のある方はこの辺りの影響も無視できませんね。
[グラフィック]西嶋 大樹(株式会社エバーウォーク)
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, images are strictly prohibited.

(当サイトの画像の無断転載・複製を固く禁じます。)

ウィメンズヘルスケアをさらに学びたいあなたにおすすめのイベント
登壇者

・丹羽 麻奈美先生(PALM care)
・萬福 允博先生(乳腺ケア 泉州クリニック)
・蒲田 和芳先生(株式会社GLAB、広島国際大学)
・新谷 礼先生(江川産婦人科)

詳細
会場 TKPガーデンシティ大阪梅田
※JR大阪環状線 大阪駅 桜橋口から 徒歩8分
※JR大阪環状線 福島駅 出口から 徒歩3分
対象 療法士、看護師、助産師、その他セラピストなど
定員  400名
※実技講義は80名
主催 ウィメンズヘルスケアラボ
株式会社エバーウォーク
共催 株式会社GLAB

イベントの詳細・申込みはこちら

その他イベント一覧