fbpx
  1. HOME
  2. ブログ
  3. 【スライド】知ってる?尿失禁の種類-PT・OT・セラピスト向け-

【スライド】知ってる?尿失禁の種類-PT・OT・セラピスト向け-

ウィメンズヘルスケアを学ぶ上で、女性の多くが経験する悩みで多い『尿失禁』の悩み。
悩んでいる方が多いにも関わらず中々家族や知人に相談し辛いため、対応が遅れやすい症状でもあります。
今回は理学療法士・作業療法士・ヨガセラピスト向けに尿失禁に関わる知識をスライドでわかりやすくまとめました。

尿失禁の種類

尿失禁には

    1. 腹圧性尿失禁
    1. 切迫性尿失禁
    1. 溢流性尿失禁
    1. 反射性尿失禁

があります。 それではそれぞれの尿失禁の違いについて解説していきます。

1.腹圧性尿失禁

【機構】
括約筋軽度不全のため、 腹圧上昇時(咳、くしゃみなど)に 少量の尿が漏れる。
【原因】 
・括約筋軽度不全
・妊娠や分娩
・運動不足

2.切迫性尿失禁

【機構】
膀胱が過敏状態にあり、強い尿意に耐えきれず、尿が流出する。
【原因】 
・膀胱炎
・神経因性膀胱
・脳血管障害

3.溢流性尿失禁

【機構】
慢性不完全尿閉で残尿量が大量になると膀胱内圧が上昇し、尿道内圧より高くなった時に尿が漏れ出る。
【原因】 
・前立腺肥大症
・高度の尿道狭窄
・神経因性膀胱

4.反射性尿失禁

【機構】
上位ー下位排尿中枢の間で連絡不全があり、尿意がなく、排尿筋の無抑制性収縮が起こる。
【原因】 
・仙髄排尿中枢より上位の脊髄損傷

性別や年齢による尿失禁の割合

女性では腹圧性尿失禁が多く、高齢者では切迫性尿失禁が多いと言われています。 また、腹圧性尿失禁と切迫性尿失禁の両者が存在するものを、混合性尿失禁といいます。
[グラフィック]西嶋 大樹(株式会社エバーウォーク)
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, images are strictly prohibited.

(当サイトの画像の無断転載・複製を固く禁じます。)

ウィメンズヘルスケアをさらに学びたいあなたにおすすめのイベント
登壇者

・丹羽 麻奈美先生(PALM care)
・萬福 允博先生(乳腺ケア 泉州クリニック)
・蒲田 和芳先生(株式会社GLAB、広島国際大学)
・新谷 礼先生(江川産婦人科)

詳細
会場 TKPガーデンシティ大阪梅田
※JR大阪環状線 大阪駅 桜橋口から 徒歩8分
※JR大阪環状線 福島駅 出口から 徒歩3分
対象 療法士、看護師、助産師、その他セラピストなど
定員  400名
※実技講義は80名
主催 ウィメンズヘルスケアラボ
株式会社エバーウォーク
共催 株式会社GLAB

イベントの詳細・申込みはこちら

その他イベント一覧