fbpx
  1. HOME
  2. ブログ
  3. 深呼吸するときどこが1番動いてますか?

深呼吸するときどこが1番動いてますか?

深呼吸するとき肩が一番動く方、胸が一番動く方、お腹が一番動く方…
人それぞれ違いと思います。

一般には女性は胸が動きやすく、胸式呼吸が多いと言われています。
実際に臨床現場でもそう感じることが多くありませんか。
反対に男性は胸郭が硬く、腹式呼吸の方が多いと思います。

それはなぜか…
解剖・生理学の観点からみると、女性は男性よりも胸郭の前後経・幅ともに小さくなっており、
肋骨の傾きは胸郭に対して鋭角となっています。

その結果、横隔膜が男性よりも平坦化している状態となります。
つまり呼吸の主動作筋である、横隔膜は男性よりも女性の方が働きにくい状況にあるといえます。

 また呼吸筋である肋間筋は女性の方が長く、
より大きく縮まることで肋骨の挙上に伴い胸郭が拡張しやすくなっています。
その結果、女性の方が効率的に胸郭を膨らますことができます。

これは女性が妊娠して腹部や胸郭を圧迫しても、
それに適応して妊娠中に呼吸困難とならないようにするため、
このような解剖学的な構造となっているといわれています。

また横隔膜の上下運動があまりにも大きいとそれに伴い
胎児のいる子宮も圧迫されてしまいます。
そのため肋間筋や呼吸補助筋を主動作とした胸式呼吸が多くなっているのです。

 
このように男性には男性の、女性には女性の役割に即した体つきで生まれてくるのです。
そのため骨格や姿勢、ホルモンなどの性差を知ることでより効果的な介入が行えるのではないでしょうか。

本日も最後までありがとうございました。

【東京開催のみ】
「①女性の呼吸機能と骨盤の関係」
日時:2018年7月21日(土) 10:00~16:00
講師:熱海 優季(女性のリハビリテーション研究会 代表)
定員:36名 対象:PT、OT、ST
詳細はコチラ︎

お申し込みはコチラ︎

コース日程
2018年8月18日(土)
【骨盤・股関節周囲の評価法】

2018年9月15日(土)
【産後のケア】

2018年10月7日(日)
【妊娠過程のケア】

講師:熱海 優季(女性のリハビリテーション研究会 代表)
まとめ料金:料金:¥56,160(税込) →¥51,840(税込)
お申込みはコチラ︎

ウィメンズヘルスケアをさらに学びたいあなたにおすすめのイベント
登壇者

・田舎中真由美(フィジオセンター)
・蒲田 和芳(広島国際大学)
・山中 錠一(妊産婦整体 ふうふや)
・河合 麻美(ReMind)
・福場 美知留(アロマ・リンパセラピスト協会)
・小島 賢司(地域療育センターあおば)
・山上未菜子(女性のからだ研究室)
・篠崎 克子(国際医療福祉大学大学院)
・坂本 飛鳥(西九州大学) )

詳細
会場 浅草橋ヒューリックホール
※総武線「浅草橋駅(西口)」より徒歩1分
※都営浅草線「浅草橋駅(A3出口)」より徒歩2分
対象 療法士、看護師、助産師、その他セラピストなど
定員  400名
※実技講義は70名
主催 ウィメンズヘルスケアラボ
株式会社エバーウォーク
共催 株式会社GLAB

イベントの詳細・申込みはこちら

その他イベント一覧