fbpx
  1. HOME
  2. ブログ
  3. [骨盤の歪みはどんな影響を及ぼすのか]

[骨盤の歪みはどんな影響を及ぼすのか]

骨盤の評価をする時、
骨盤の傾きや可動性などを評価するセラピストは多いかと思います。

特に産後などは骨盤にフォーカスがいくことが多いと思います。

問題点として、
『骨盤の歪み』を挙げた場合、
それは体の何に影響を及ぼすのでしょうか。

子宮や卵巣などを解剖学から考えてみると、

子宮は、正中線上で[膀胱]と[直腸]との間にあります。

下方は膣まで続き、
上方は左右の卵管が子宮から外側へのび、
卵巣の近くで腹膜腔に開いています。

そして、直腸膣中隔によって、
膣の後面と直腸が隔てられています。

厚くなった筋膜が、子宮頚から
・恥骨頚靭帯(前方)
・子宮頚横靭帯・基靭帯(外側)
・子宮仙骨靭帯(後方)
の骨盤壁に至る靭帯を形成しています。

「基靭帯」は特に重要です。

子宮頚と膣円蓋の両側から外側へのびて同側の骨盤壁に達します。
これらの靭帯が、
会陰膜や会陰腱中心、肛門挙筋とともに
骨盤腔で子宮を固定しているのです。

子宮から骨盤壁に付着している靭帯が存在しているため、
骨盤の左右差などが大きく生じている場合、
これらの靭帯の張力にも左右差が出現することが考えられます。

つまり、靭帯に左右差が生じている場合、
その先に付着している子宮にも影響があることが予想できます。

骨盤の歪みに対して様々な介入方法がありますが、
どのようなアプローチをするにも
基礎解剖学を理解していることが大前提となります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

【東京開催のみ】
「①女性の呼吸機能と骨盤の関係」
日時:2018年7月21日(土) 10:00~16:00
講師:熱海 優季(女性のリハビリテーション研究会 代表)
定員:36名 対象:PT、OT、ST
詳細はコチラ︎

お申し込みはコチラ︎

コース日程
2018年8月18日(土)
【骨盤・股関節周囲の評価法】

2018年9月15日(土)
【産後のケア】

2018年10月7日(日)
【妊娠過程のケア】

講師:熱海 優季(女性のリハビリテーション研究会 代表)
まとめ料金:料金:¥56,160(税込) →¥51,840(税込)
お申込みはコチラ︎

ウィメンズヘルスケアをさらに学びたいあなたにおすすめのイベント
登壇者

・田舎中真由美(フィジオセンター)
・蒲田 和芳(広島国際大学)
・山中 錠一(妊産婦整体 ふうふや)
・河合 麻美(ReMind)
・福場 美知留(アロマ・リンパセラピスト協会)
・小島 賢司(地域療育センターあおば)
・山上未菜子(女性のからだ研究室)
・篠崎 克子(国際医療福祉大学大学院)
・坂本 飛鳥(西九州大学) )

詳細
会場 浅草橋ヒューリックホール
※総武線「浅草橋駅(西口)」より徒歩1分
※都営浅草線「浅草橋駅(A3出口)」より徒歩2分
対象 療法士、看護師、助産師、その他セラピストなど
定員  400名
※実技講義は70名
主催 ウィメンズヘルスケアラボ
株式会社エバーウォーク
共催 株式会社GLAB

イベントの詳細・申込みはこちら

その他イベント一覧