fbpx
  1. HOME
  2. ブログ
  3. 距骨について

距骨について

足部には3つの領域があり、それぞれ骨の配置と1個あるいはそれ以上の関節から成り立っています。
後足部は、距骨、踵骨、そして距骨下関節からなります。
中足部は、足根骨と横足根骨と小さな遠位の足根間関節からなります。
前足部は中足骨と指節骨からなり、足根中足関節とその遠位のすべての関節を含みます。

その中で重要な骨である、距骨について簡単に紹介いたします。

距骨は足根骨で最も近位に位置します。
その背面(すなわち滑車面)は、前後方向に凸と内外側方向に緩やかな凹形をした丸いドーム状となっています。
軟骨はその隣接面を覆い、距腿関節を呈す滑らかな関節面を提供しています。
距骨頭は舟状骨にむかってわずかに内側で前方に張り出しており、成人では距骨頚の長軸は矢状面に対して内側に約40〜50°張り出していて、足部を内反位にさせる原因の一部となります。

 

 

《セミナー情報》
「足部障害に対するリハビリテーションー外反母趾・内反小趾に対するハイヒールのフィッティングー」
〔講師〕延原雅代先生
〔開催日〕2018年4月29日(日)
〔時間〕10:00~16:00
〔定員〕36名
〔対象〕PT、OT、ST 『足部障害に対するリハビリテーション』お申し込みはコチラ︎

ウィメンズヘルスケアをさらに学びたいあなたにおすすめのイベント
登壇者

・丹羽 麻奈美先生(PALM care)
・萬福 允博先生(乳腺ケア 泉州クリニック)
・蒲田 和芳先生(株式会社GLAB、広島国際大学)
・新谷 礼先生(江川産婦人科)

詳細
会場 TKPガーデンシティ大阪梅田
※JR大阪環状線 大阪駅 桜橋口から 徒歩8分
※JR大阪環状線 福島駅 出口から 徒歩3分
対象 療法士、看護師、助産師、その他セラピストなど
定員  400名
※実技講義は80名
主催 ウィメンズヘルスケアラボ
株式会社エバーウォーク
共催 株式会社GLAB

イベントの詳細・申込みはこちら

その他イベント一覧