fbpx
  1. HOME
  2. ブログ
  3. 仰臥位低血圧症候群

仰臥位低血圧症候群

妊娠後期になると、お腹が大きくなり、寝るときの姿勢が定まらなくなってきます。

また、妊娠後期に仰臥位になると「仰臥位低血圧症候群」になりやすいといわれています。

妊娠後期は、増大した胎児と羊水のために子宮は大きくなり、かなりの重量になります。

仰臥位をとると、母体の『腹腔動脈』と『下大静脈』の上に胎児がのり、血管を圧迫してしまいます。

下大静脈は人体では最大の静脈であり、L5前面で左右総腸骨静脈が合して形成され,

Th8の高さで横隔膜を貫いて胸腔に入り,心臓の右心房に注ぎます。

この下大静脈が圧迫されると心臓に血液が戻らず、さらに全身に血液を送りづらくなります。

すると、血圧低下・酸素不足に陥ります。

その結果、悪心・嘔吐などの「仰臥位低血圧症候群」になります。

また、胎児の心拍数も急激に低下し、長時間続くと胎児が低酸素状態になるのです。

それでは、どのように対処をすればいいのでしょうか。

動脈と静脈は重なっておらず、動脈は左側を、静脈は右側を走行しています。

左側臥位になると、胎児の体重が左にある動脈にのり、

静脈側にかかる比重が少なくなり、静脈の圧迫を防いでくれます。

そのため、妊婦には左側臥位の姿勢が適しているのです。

しかし、必ずしも左側臥位にならなければいけないのではなく、

仰臥位がいい場合は、クッションや枕を使用して、上体を起こし、下大静脈の圧迫を防ぎます。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

<p>《セミナー情報》<br />

「足部障害に対するリハビリテーションー外反母趾・内反小趾に対するハイヒールのフィッティングー」<br />

〔講師〕延原雅代先生<br />

〔開催日〕2018429日(日)<br />

〔時間〕10:0016:00<br />

〔定員〕36<br />

〔対象〕PTOTST

<a class=”q_button bt_yellow” href=”https://ssl.form-mailer.jp/fms/c56273c5559058″>『足部障害に対するリハビリテーション』お申し込みはコチラ▶︎</a></p>

ウィメンズヘルスケアをさらに学びたいあなたにおすすめのイベント
登壇者

・田舎中真由美(フィジオセンター)
・蒲田 和芳(広島国際大学)
・山中 錠一(妊産婦整体 ふうふや)
・河合 麻美(ReMind)
・福場 美知留(アロマ・リンパセラピスト協会)
・小島 賢司(地域療育センターあおば)
・山上未菜子(女性のからだ研究室)
・篠崎 克子(国際医療福祉大学大学院)
・坂本 飛鳥(西九州大学) )

詳細
会場 浅草橋ヒューリックホール
※総武線「浅草橋駅(西口)」より徒歩1分
※都営浅草線「浅草橋駅(A3出口)」より徒歩2分
対象 療法士、看護師、助産師、その他セラピストなど
定員  400名
※実技講義は70名
主催 ウィメンズヘルスケアラボ
株式会社エバーウォーク
共催 株式会社GLAB

イベントの詳細・申込みはこちら

その他イベント一覧