距骨は唯一筋肉が付着しない

Pocket

こんにちは^^
本日は距骨について書いていきます。

皆さんご存知の通り、距骨は筋肉が付着しません。
なので、自分の意思で距骨を絶妙に動かそうとすることは難しいです。

距骨の上には下腿が乗り
下腿の上に骨盤が乗り
骨盤の上に脊柱が乗り
頭が乗ります。

身体の一番下に位置し、支えているのが距骨ですね。
距骨を安定させるためには他の骨や関節との兼ね合いも大切になってきます。

例えば、ヒールを履く場合
上部関節面は前方で広く後方で狭いので、かっちりはまってない状態で歩くわけですから、余計にぐらつき損傷しやすくなります。

距骨のアライメント不良によりところどころに痛みが生じたり歩様にも影響が及ぶことでしょう。

距骨はなるべく中間位を保てることが理想ですね。

《セミナー情報》
「足部障害に対するリハビリテーションー外反母趾・内反小趾に対するハイヒールのフィッティングー」
〔講師〕延原 雅代先生
〔開催日〕2018年4月29日(日)
〔時間〕10:00~16:00
〔定員〕36名
〔対象〕PT、OT、ST
『足部障害に対するリハビリテーション』お申し込みはコチラ▶︎

Pocket

関連記事

  1. 【ゆっくり噛んで食べましょう】の痩せ効果を生理学的に説明すると?…
  2. 妊娠による子宮の変化
  3. 妊娠による血液量の変化
  4. 【会陰切開術後の骨盤底筋のエクササイズ方法】
  5. 【出産後から尾骨が痛い】
  6. 骨盤が痩せると・・・
  7. 【腰方形筋と呼吸の関係】
  8. 妊婦の冷え性と早産の関係
PAGE TOP