fbpx
  1. HOME
  2. ブログ
  3. 脚のむくみ改善には静脈が鍵となる?

脚のむくみ改善には静脈が鍵となる?

デスクワーク後の脚のむくみ、
長時間立ち仕事をした後の脚の倦怠感、
多くの人が一度は経験したことがあるのではないでしょうか?

むくみとは血管外の皮下組織に過剰にたまった水分のことをいいます。

人は進化の過程で二足歩行となり、重力に抗して生きて歩く形態となったため、血液循環を保つために静脈の機能が重要となりました。

下肢に行き渡った血液は静脈に流れ、筋ポンプ作用によって心臓へ戻ります。
しかし、この働きが落ちてしまうと、静脈血が脚にうっ滞し、静脈圧が上昇します。

それにより、血管外に水分が浸み出して皮下組織に溜まることで脚のむくみを生み出してしまうのです。

静脈の解剖を見てみると、腓骨静脈、後脛骨静脈、前脛骨静脈、腓腹静脈、ヒラメ静脈と細かな静脈が集まり、膝窩静脈、大腿静脈と繋がります。

ヒラメ静脈は深部静脈血栓症で血栓が出来やすい部位でもあり、臨床上も注意しなければならない部分です。

静脈は弁があり、筋が収縮することで外力が加わり、血液を押し上げることができます。
腓腹筋やヒラメ筋の深層にある静脈が多く分布しているため、筋収縮が起こらなければうっ滞するのは予測できますね。

毛細血管領域の主に動脈側から出る水分やたんぱく質の一部は、組織に栄養を与えてからリンパ管や静脈に回収されます。

その際、水分の90%は静脈に還り、残りの10%はリンパ管に還ります。
ということは、静脈の機能を活性化させることが脚のむくみ改善には効果的だとわかります。
リンパ循環も筋収縮が必要となるため、運動療法は効果的です。

あくまでこれは起立性浮腫の場合であり、片側のみの浮腫や術後のリンパ浮腫については、アプローチが変わりますので、原因を見極めた上で評価し、治療していく必要があります。

女性に関しては運動習慣だけでなく、仕事の内容や生活状況がむくみの要因となっていることが多いため、しっかりと問診し、むくみ改善に繋げていけると良いですね。

妊娠中のむくみであれば、胎児の成長による鼠蹊部の圧迫なども多いに考えられるため、股関節周囲の評価も必要となります。

お読み頂き、ありがとうございました。

《セミナー情報》
「女性のための体幹トレーニング -フランクリンメソッドを使った脊椎・内臓イメジュリー–」
〔講師〕宇佐美 希未佳先生
〔開催日〕2018年3月25日(日)
〔時間〕10:00~16:00
〔定員〕36名→30名
〔対象〕PT、OT、ST ※男性参加可
『女性のための体幹トレーニング』お申し込みはコチラ▶︎

ウィメンズヘルスケアをさらに学びたいあなたにおすすめのイベント
登壇者

・丹羽 麻奈美先生(PALM care)
・萬福 允博先生(乳腺ケア 泉州クリニック)
・蒲田 和芳先生(株式会社GLAB、広島国際大学)
・新谷 礼先生(江川産婦人科)

詳細
会場 TKPガーデンシティ大阪梅田
※JR大阪環状線 大阪駅 桜橋口から 徒歩8分
※JR大阪環状線 福島駅 出口から 徒歩3分
対象 療法士、看護師、助産師、その他セラピストなど
定員  400名
※実技講義は80名
主催 ウィメンズヘルスケアラボ
株式会社エバーウォーク
共催 株式会社GLAB

イベントの詳細・申込みはこちら

その他イベント一覧