若いのに更年期障害?

Pocket

20~30代の若い女性に更年期と同じような症状を起こす『若年性更年期障害』が増えています。
若年性更年期障害は一般に50歳前後の10年間で多く見られる更年期障害が若い女性に起こってしまう状態です。
医学的には『卵巣機能低下症』と言われ、名前の通り卵巣の機能が低下している状態をいいます。
卵巣の機能が正常の場合、脳の視床下部から出る“エストロゲンを出せ”という卵巣刺激ホルモンの命令に対しエストロゲンを分泌します。
一方、卵巣機能が低下している場合、卵巣はこの命令に対応できなくなり、エストロゲンを分泌できなくなってしまうのです。
すると視床下部は“命令しているのになぜ増えないの?”と思い、命令を出し続けます。
その結果、卵巣刺激ホルモンは増加する一方でエストロゲンは増加しないというホルモンの乱れが生じます。
このホルモンの乱れが若年性更年期障害(卵巣機能低下症)の要因なのです。
ではなぜ若年性更年期障害の女性が増えているのでしょうか。

女性の社会進出により女性も男性を同様に仕事の責任を抱え、心身ともにストレスを溜め込むようになりました。また無理なダイエットや不規則な生活・食生活の乱れが原因となっています。
視床下部は自律神経の中枢でもあるため、これらのストレスが加わると自律神経の働きを混乱させ、ホルモンバランスを乱したり、卵巣の働きを低下させ、更年期と同じような症状が現れるといわれています。
症状としてはほてり・発汗・冷え・頭痛・めまい・イライラ感・うつ・疲れやすい・月経異常などが現れます。症状の強さには個人差はありますが心身の不調が出やすくなります。
若年性更年期障害の原因には不妊症に関連するものも多く含まれます。
『まだ若いから大丈夫』と思わず自分の体と対話し、生活習慣の見直しやストレスを溜め込まないなど心身のリラックスが大切です。

《セミナー情報》
「女性のための体幹トレーニング -フランクリンメソッドを使った脊椎・内臓イメジュリー–」
〔講師〕宇佐美 希未佳先生
〔開催日〕2018年3月25日(日)
〔時間〕10:00~16:00
〔定員〕36名
〔対象〕PT、OT、ST ※男性参加可

>>お申し込みはこちらからお願いいたします。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/a9f98d95463414

>>詳細はこちらをご覧ください。

女性のための体幹トレーニング -フランクリンメソッドを使った脊椎・内臓イメジュリー–

「骨盤底筋、インナーユニットの評価と治療展開」
〔講師〕藤井 信濃先生
〔開催日〕2018年2月25日(日)
〔時間〕13:00〜17:00
〔定員〕増員により12名の追加募集をいたします→残り5名。
〔対象〕PT、OT、ST ※男性参加可

>>お申し込みはこちらからお願いいたします。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/f790d701550315

>>詳細はこちらをご覧ください。

【藤井 信濃先生】骨盤底筋、インナーユニットの評価と治療展開

Pocket

関連記事

  1. 分娩時の骨盤の構造と動き
  2. 骨盤底筋『群』を分けて考える
  3. 呼吸リズムのメカニズム
  4. 女性ホルモンと自律神経
  5. アーチは筋肉や靭帯などにより保持されています
  6. 腎臓も骨盤底筋に影響がある?
  7. 簡単!血流チェック
  8. 足部アーチが崩れると引き起こされる障害はなんでしょうか?
PAGE TOP