fbpx
  1. HOME
  2. ブログ
  3. 骨盤底筋群の役割は大きく分けて○○

骨盤底筋群の役割は大きく分けて○○

骨盤底筋群の役割は大きく分けて2つ 1つ目 弾力性のある骨盤底を形成し内臓を支えること。 2つ目 定期的に開口して排泄をコントロールすること これらの2つの機能は、 相反することだということが想像できるでしょうか? 骨盤内臓器や腹部臓器は均等な内臓柱を形成し、 腸骨窩と坐骨恥骨枝の上端にのっている状態です。 骨盤内の臓器は骨盤底筋群に乗っている形になるため、骨盤内臓器の下垂させないように閉じていなければなりません。 ここの骨盤底筋群が何かしらの原因で硬くなってしまうと、 くしゃみや咳などの際に急激に上昇する腹圧に対応できず、 骨盤内臓器は圧縮されてしまうことになります。 骨盤底筋群がある程度の柔軟性を保つことで 腹圧のコントロールをし、内臓を保護してくれているのです。 反対に、排泄のコントロールでは選択的に開口し、排泄物を体外に出します。 ということは選択的に緩ませる=弛緩力も必要ということになります。 姿勢が猫背の状態だと余計に骨盤底筋には負荷がかかってしまいます。骨盤底筋群の柔軟性を高めるためにも、  より負荷のかからない姿勢で仕事や家事を進めていきたいですね。

[セミナー情報]

○東京セミナー

今年の東京セミナーは全て終了致しました。 どのセミナーも満員で開催することができました。 ありがとうございました。

 

○大阪セミナー

【臨床コース~女性特有の症状・特性に基づいたアプローチin大阪】

『10/28 妊娠過程のケア』
・妊娠期の身体的変化の基礎解剖
・妊娠期におけるホルモンバランス変化
・妊娠期のリスク
・妊娠期における徒手、運動療法

→残り1名

『10/29 産後のケア』
・妊娠期の骨格変化
・産後の骨盤底筋群の変化
・産後の骨格変化
・産後における徒手、運動療法

→満員御礼✨

〔会場〕尼崎中小企業センター
〔時間〕各10:00~16:00(受付9:45~)
〔受講費〕
単発申し込み 14,040円(税込)
〔定員〕22名
〔参加者〕女性限定PT,O,ST,Nrs,その他セラピスト 〔お申込み〕10/28 妊娠過程のケア
『妊娠過程のケア』お申し込みはコチラ▶︎

 

○福岡セミナー

【臨床コース~女性特有の症状・特性に基づいたアプローチin福岡】
→満員御礼✨

『10/7 呼吸機能と骨盤の関係』 ・女性の呼吸機能の基礎解剖学
・横隔膜と骨盤底筋群の関係
・妊娠・出産に伴う呼吸機能
・呼吸と骨盤底筋群における徒手、運動療法

『10/8 骨盤、股関節の評価法』
・股関節と骨盤底筋群、骨盤との密接な関係
・股関節の評価法(タイプ別評価)
・股関節タイプ分け評価を踏

※全て満員となりましたので募集を締め切らせていただきます。 ありがとうございました。

 
ウィメンズヘルスケアをさらに学びたいあなたにおすすめのイベント
登壇者

・丹羽 麻奈美先生(PALM care)
・萬福 允博先生(乳腺ケア 泉州クリニック)
・蒲田 和芳先生(株式会社GLAB、広島国際大学)
・新谷 礼先生(江川産婦人科)

詳細
会場 TKPガーデンシティ大阪梅田
※JR大阪環状線 大阪駅 桜橋口から 徒歩8分
※JR大阪環状線 福島駅 出口から 徒歩3分
対象 療法士、看護師、助産師、その他セラピストなど
定員  400名
※実技講義は80名
主催 ウィメンズヘルスケアラボ
株式会社エバーウォーク
共催 株式会社GLAB

イベントの詳細・申込みはこちら

その他イベント一覧