妊婦の歯周病が早産と影響する?

Pocket

アメリカの研究報告で《歯周病は早産の危険因子のひとつ》と発表されています。

早産の原因に喫煙や飲酒、高齢出産も挙げられますが、これらの要因よりもはるかに高い確率で歯周病も関連しています。

早産、低出生体重児を出産した女性を調査すると、歯周病罹患率が高く、そのリスクは歯周病でない人の7.5倍でした。

歯周病と早産のメカニズムも明らかになっており、出産のメカニズムと一致するのです。

陣痛は、子宮収縮作用のある《プロスタグランジン》の分泌が高まって起きます。そして《サイトカイン》という炎症によって増える物質が、このプロスタグランジンの分泌を促すのです。

サイトカインが増え、その刺激でプロスタグランジンが分泌し、子宮の収縮が起きて早産になります。

歯周病は、歯周病菌によって炎症を起こしている状態です。
歯の周りの炎症がサイトカインを増加させ、プロスタグランジンが分泌します。

そして、子宮の収縮引き起こし、早産になりやすいのです。

実際、歯周病の程度が重くなるにつれ、血中のサイトカインが増加します。サイトカイン数値の高い人ほど出産時期が早くなっていることもわかっています。

歯周病管理の知識は十分に普及していないのが現状です。

歯周病に対してセラピストは直接関与することはできませんが、歯周病管理の重要性を伝えることで母子の一生涯の健康を援助することに繋がるのではないでしょうか。

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

《英文献》
“Progressive Periodontal Disease and Risk of Very Preterm Delivery”
http://www.astdd.org/docs/Offenbacher2006periopreterm.pdf

******************

【~女性特有の症状・特性に基づいたアプローチin福岡】
『10/7 呼吸機能と骨盤の関係』
 *5名追加募集* ・女性の呼吸機能の基礎解剖学
・横隔膜と骨盤底筋群の関係
・妊娠・出産に伴う呼吸機能
・呼吸と骨盤底筋群における徒手、運動療法

『11/11 妊娠過程のケア』
 *5名追加募集* ・妊娠期の身体的変化の基礎解剖
・妊娠期におけるホルモンバランス変化
・妊娠期のリスク
・妊娠期における徒手、運動療法

『11/12 産後のケア』
  *5名追加募集* ・妊娠期の骨格変化
・産後の骨盤底筋群の変化
・産後の骨格変化
・産後における徒手、運動療法

〔会場〕福岡市内
〔時間〕10月7日10:30-16:30、10月8日10:00-16:00
              11月11日10:00-16:00、11月12日9:30-15:30
〔受講費〕
単発申し込み 14,040円(税込)
〔定員〕40名
〔参加者〕女性限定PT,O,ST,Nrs,その他セラピスト

〔お申込み〕
4セミナーまとめてお申し込みはコチラ▶︎

・10/7 呼吸機能と骨盤関係
『呼吸機能と骨盤の関係』お申し込みはコチラ▶︎

・11/11 妊娠過程のケア
『妊娠過程のケア』お申し込みはコチラ▶︎

・11/12 産後のケア
『産後のケア』お申し込みはコチラ▶︎

 

【臨床コース~女性特有の症状・特性に基づいたアプローチin大阪】

『10/28 妊娠過程のケア』
・妊娠期の身体的変化の基礎解剖
・妊娠期におけるホルモンバランス変化
・妊娠期のリスク
・妊娠期における徒手、運動療法

『10/29 産後のケア』
・妊娠期の骨格変化
・産後の骨盤底筋群の変化
・産後の骨格変化
・産後における徒手、運動療法

〔会場〕尼崎中小企業センター
〔時間〕各10:00~16:00(受付9:45~)
〔受講費〕
4つまとめてお申し込み 56,160円→51,840円(税込)
単発申し込み 14,040円(税込)
〔定員〕38名
〔参加者〕女性限定PT,O,ST,Nrs,その他セラピスト

〔お申込み〕

・10/28 妊娠過程のケア
『妊娠過程のケア』お申し込みはコチラ▶︎

・10/29 産後のケア
『産後のケア』お申し込みはコチラ▶︎

 

 

Pocket

関連記事

  1. 【産前産後でのインナーユニットの重要性】
  2. 産後の椅子を使ったリラックス方法
  3. 仙骨と自律神経
  4. 呼吸と仙腸関節の関係
  5. 妊娠による血液量の変化
  6. 産前産後のケアセミナー
  7. 口を閉じた時歯がくっついていますか?離れていますか?
  8. 子宮と卵巣は自律神経に関係している
PAGE TOP