妊婦さんへの施述リスク

Pocket

妊婦さんに対して、自信を持って介入できていますか?
人はいつどこでどのような怪我・病気にかかってもおかしくありません。
妊娠中の患者さん、クライアントさんを施術することになったら、
・何に気をつけたら良いか
・どこまでなら行ってよいのか
・どんなことはやってはいけないのか
など様々な不安を感じていませんか?

たとえば、マッサージをすることで、リラックス効果や循環器・呼吸器・消化器・泌尿器・皮膚刺激などとても良い効果をもたらします。

しかし、腰痛の訴えがある人に対して腰方形筋などリリースする場合、
子宮が大きくなり腹部の大半を占めている時期は気をつけないと子宮に圧力をかけてしまうことになります。

解剖学や妊娠中の子宮の状態を把握できていれば防げるものですが、
それらの知識がないことでセラピスト自身も妊婦さんも不安に感じることは多くあります。

妊娠期に関わるには最低限のリスク管理の知識が必要です。
両者とも安心して施術が行えることで、効果も変わってくると思います。

【ウーマンズヘルスケアフォーラム2017in東京】
〔会場〕浅草ヒューリックホール
〔日時〕2017年10月15日(日)
    10:00〜18:30
〔対象〕医師、療法士、看護師、その他セラピスト等
〔料金〕参加費:¥12,960(税込)
    実技チケット:¥1,080/1講座(税込)
お申し込みはコチラ▶︎

【ウーマンズヘルスケアフォーラム2017in福岡】
〔日時〕2017年11月26日(日)9:00〜17:00
〔会場〕 南近代ビル
〔対象〕医師、療法士、看護師、その他
〔料金〕プレミアム席(限定16席):¥18,800(税込)
    A席(120席):¥16,800(税込)
    B席(214席):¥14,800円
お申し込みはコチラ▶︎

Pocket

関連記事

  1. コルセットと体幹筋力
  2. 分娩時に大切なこと
  3. 横隔膜と肝臓
  4. 胸椎後湾はいつから起こる?
  5. 東京臨床コースのご案内
  6. 妊娠のためには有酸素運動が有効?
  7. 【低体重で生まれた女性が将来糖尿病になるリスクは一般に比べて6倍…
  8. 腹直筋離開は姿勢や呼吸が大事
PAGE TOP