fbpx
  1. HOME
  2. ブログ
  3. 経腟分娩後の骨盤は捻挫しているようなもの?

経腟分娩後の骨盤は捻挫しているようなもの?

10カ月に及ぶ妊娠期間を経て、お母さんの身体は臓器の位置が変化したり、骨盤のアライメントなどが変化していきます。

そして経腟分娩においては、骨盤は捻挫を起こしたような状態といえます。
それは分娩の際に骨盤の中を胎児が通過していく過程で、靭帯を引き伸ばしたり、仙骨や尾骨などを後方へ押し、坐骨や坐骨棘は左右に押し広げられていきます。
こうして骨盤が広げられた状態になります。
人によっては産後は骨盤がグラグラとぐらついたような感覚をうけるような方もいます。
また腹直筋は妊娠中に平均して15㎝も長くなって緩み、生理的な腹直筋離開が起こります。

さまざまな変化が起こる妊娠期~出産、産後ですのでこの時期のケアはとても重要になります。

まず産褥期には重力に抗することを極力避け、安静にして過ごすことは産後の身体を守ることに繋がります。
産後の身体に重力は天敵です。産後直後からどんどん動ける人は要注意です。
積極的に動くことは避け少なくともひと月は静かに過ごすことをおすすめします。

福岡セミナー

福岡開催

【基礎コース】女性の解剖生理と触診方法 2日コース
〔1日目〕女性の身体解剖学、生理学(総論)
・女性のホルモンバランスについて
・ライフサイクルにおける身体的変化の特徴
・骨格筋の性差
・骨盤、骨盤底筋群の基礎解剖
・徒手、運動療法

〔2日目〕女性特有の身体に対する触診方法
・骨盤、脊柱の基礎解剖
・筋肉の触診方法
・皮膚の解剖学(心理面含む)
・触診方法(アプローチの仕方)

◉福岡開催◉
日時:2017年8月19日(土),8月20日(日) 10:00~16:00
講師:佐藤 千佳
料金:17,280円(税込)
会場:福岡市内
対象:PT,OT,ST,その他セラピスト ※女性限定

【福岡 8/19,20】申し込み
※2日間受講可能な方に限りお申し込みください

 

【臨床コース~女性特有の症状・特性に基づいたアプローチin福岡】
『10/7 呼吸機能と骨盤の関係』
・女性の呼吸機能の基礎解剖学
・横隔膜と骨盤底筋群の関係
・妊娠・出産に伴う呼吸機能
・呼吸と骨盤底筋群における徒手、運動療法

『10/8 骨盤、股関節の評価法』
・股関節と骨盤底筋群、骨盤との密接な関係
・股関節の評価法(タイプ別評価)
・股関節タイプ分け評価を踏まえた骨盤底筋群に対する運動療法

『11/11 妊娠過程のケア』
・妊娠期の身体的変化の基礎解剖
・妊娠期におけるホルモンバランス変化
・妊娠期のリスク
・妊娠期における徒手、運動療法

『11/12 産後のケア』
・妊娠期の骨格変化
・産後の骨盤底筋群の変化
・産後の骨格変化
・産後における徒手、運動療法

〔会場〕福岡市内
〔時間〕各10:00~16:00(受付9:45~)
〔受講費〕
4つまとめてお申し込み 56,160円→51,840円(税込)
単発申し込み 14,040円(税込)
〔定員〕22名
〔参加者〕女性限定PT,O,ST,Nrs,その他セラピスト

〔お申込み〕
4セミナーまとめてお申し込みはコチラ▶︎

・10/7 呼吸機能と骨盤関係
『呼吸機能と骨盤の関係』お申し込みはコチラ▶︎

・10/8 骨盤、股関節周囲の評価法
『骨盤・股関節周囲の評価法』お申し込みはコチラ▶︎

・11/11 妊娠過程のケア
『妊娠過程のケア』お申し込みはコチラ▶︎

・11/12 産後のケア
『産後のケア』お申し込みはコチラ▶︎

 

ウィメンズヘルスケアをさらに学びたいあなたにおすすめのイベント
登壇者

・田舎中真由美(フィジオセンター)
・蒲田 和芳(広島国際大学)
・山中 錠一(妊産婦整体 ふうふや)
・河合 麻美(ReMind)
・福場 美知留(アロマ・リンパセラピスト協会)
・小島 賢司(地域療育センターあおば)
・山上未菜子(女性のからだ研究室)
・篠崎 克子(国際医療福祉大学大学院)
・坂本 飛鳥(西九州大学) )

詳細
会場 浅草橋ヒューリックホール
※総武線「浅草橋駅(西口)」より徒歩1分
※都営浅草線「浅草橋駅(A3出口)」より徒歩2分
対象 療法士、看護師、助産師、その他セラピストなど
定員  400名
※実技講義は70名
主催 ウィメンズヘルスケアラボ
株式会社エバーウォーク
共催 株式会社GLAB

イベントの詳細・申込みはこちら

その他イベント一覧