fbpx
  1. HOME
  2. ブログ
  3. 妊娠を妨げる要因とは?

妊娠を妨げる要因とは?

妊娠を妨げる要因は複数考えられます。

*女性側:卵巣機能不全、卵管の狭窄、子宮筋腫、内分泌ホルモン異常、子宮内膜症など。
*男性側:無精子症、精路閉鎖、性交障害、内分泌ホルモン異常など。
(日本生殖学会より)

 

アメリカとイギリスの研究所による論文では『ストレスは妊娠を妨げる』と発表しています

『Stress Might Interfere with Conception』
http://consumer.healthday.com/…/stress-might-interfere-with…

 

【α-アミラーゼ】というストレス関連物質は、
でんぷんを消化するために唾液中に分泌されるものですが、
この値が高いと妊娠する確率が低下すると示しています。

 

神経系がストレス反応を
引き起こす物質【カテコラミン】を産生するときにも
【α-アミラーゼ】は分泌されます。

 

そのため【α-アミラーゼ】は、
身体的・心理的ストレスに対する身体反応の指標として利用されてきています。

 

実験では、
妊娠を試みる18~40歳女性274人を対象としています。

 

排卵周期をグラフ化し、
α-アミラーゼ値の高い女性と低い女性と比較すると、
α-アミラーゼ値の高い女性は妊娠する確率が低いことが明らかになりました。

 

全体的にα-アミラーゼ値が最も高い女性25%は、
最も低かった女性と比較して、
各周期に妊娠する確率が約12%低いと、
研究者は述べています。

 

近年、女性の社会進出がすすみ、ストレスを抱えている女性が増えています。

また、ストレスを緩和のためにアルコールやたばこに頼る人も多く、これらの物質も妊娠率を低下させます。

研究者は瞑想、バイオフィードバック法、ヨガ、社会的支援の向上などをストレス軽減に役立つのではと期待しています。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

【臨床コース~女性特有の症状・特性に基づいたアプローチin大阪】
『1/21 妊娠過程のケア』
・妊娠期の身体的変化の基礎解剖
・妊娠期におけるホルモンバランス変化
・妊娠期のリスク
・妊娠期における徒手、運動療法

『1/22 産後のケア』
・妊娠期の骨格変化
・産後の骨盤底筋群の変化
・産後の骨格変化
・産後における徒手、運動療法

〔会場〕1/21,22 尼崎中小企業センター
〔時間〕各10:00~16:00(受付9:45~)
〔受講費〕
単発申し込み 12,960円(税込)
〔定員〕22名
〔参加者〕女性限定PT,O,ST,Nrs,その他セラピスト

〔お申込み〕
・1/21 妊娠過程のケア
%e5%a4%a7%e9%98%aa%e3%80%80%e5%a6%8a%e5%a8%a0%e3%82%b1%e3%82%a2

・1/22 産後のケア
%e5%a4%a7%e9%98%aa%e3%80%80%e7%94%a3%e5%be%8c

ウィメンズヘルスケアをさらに学びたいあなたにおすすめのイベント
登壇者

・丹羽 麻奈美先生(PALM care)
・萬福 允博先生(乳腺ケア 泉州クリニック)
・蒲田 和芳先生(株式会社GLAB、広島国際大学)
・新谷 礼先生(江川産婦人科)

詳細
会場 TKPガーデンシティ大阪梅田
※JR大阪環状線 大阪駅 桜橋口から 徒歩8分
※JR大阪環状線 福島駅 出口から 徒歩3分
対象 療法士、看護師、助産師、その他セラピストなど
定員  400名
※実技講義は80名
主催 ウィメンズヘルスケアラボ
株式会社エバーウォーク
共催 株式会社GLAB

イベントの詳細・申込みはこちら

その他イベント一覧