fbpx
  1. HOME
  2. ブログ
  3. 上肢位置によって骨盤底筋群の働きも変わる?

上肢位置によって骨盤底筋群の働きも変わる?

骨盤底筋群は単体で働くのではなく、多くは横隔膜などほかの筋と協調して働きます。

妊娠中期~後期には子宮が増大し、横隔膜が圧迫されて深呼吸が行いにくくなります。
また、子宮など内臓の重みを常に支え続けているため骨盤底筋群も脆弱しやすくなってしまいます。

横隔膜や骨盤底筋群が十分に機能しにくい状態の場合、呼吸も深く行いにくくなってしまいますが、胎児の成長や母体のエネルギー供給のためには酸素は必要不可欠ですよね。

その場合、呼吸補助筋がより作用しやすい環境であったら息苦しさも少しは軽減するかと思います。

一般的には呼吸筋と呼ばれていなくても、上肢には吸気をサポートする筋肉がたくさん存在します。
また、上肢の位置を変化させることによって、腹腔内圧を一定に保ち腹壁の緊張を解き、横隔膜の収縮効率が改善するという報告もあります。

ダッシュしたあとに、前かがみになり膝に手をついた経験があるかも多いのではないでしょうか。
また、呼吸器疾患がある方は、仰向けで寝るのではなくテーブルに手をついた状態で休んでいることを多く見かけます。
それは上記の理由によって、横隔膜の収縮効率を無意識に改善していく方法を取っていることになります。

横隔膜の収縮効率が改善することで、協調して働いている骨盤底筋群にも影響を与えることが考えられます。

妊娠中の息苦しさを訴える方に対して、その時の対応の仕方や日常生活での注意点などをお伝えすることで息苦しさの軽減だけでなく、骨盤底筋群などへのアプローチにもつながるのと良いですね。

〜大阪セミナーのお知らせ〜
【基礎コース 女性の解剖生理と触診方法in大阪】

〔お申込み〕 お申し込みはこちらから
1日目
・女性と男性における筋・骨格構造の違い
・女性のホルモンバランスについて
・ライフサイクルにおける身体的変化の特徴
・解剖生理学を用いたアプローチ

 2日目
・ランドマークの触診方法
・筋肉の触診方法
・皮膚の解剖学(心理面も含む)
・触診方法(アプローチの仕方)

〔開催日〕2016年10月15日(土)、10月16日(日)
   *2日間ご参加できる方のみ受講可能となります。
〔時間〕10:00~16:00(受付9:45~)
〔会場〕尼崎中小企業センター(両日)
〔受講費〕2日間で17,280円(税込)
〔定員〕22名
〔参加者〕女性限定 PT,OT,ST,Nrs,その他セラピスト

ウィメンズヘルスケアをさらに学びたいあなたにおすすめのイベント
登壇者

・田舎中真由美(フィジオセンター)
・蒲田 和芳(広島国際大学)
・山中 錠一(妊産婦整体 ふうふや)
・河合 麻美(ReMind)
・福場 美知留(アロマ・リンパセラピスト協会)
・小島 賢司(地域療育センターあおば)
・山上未菜子(女性のからだ研究室)
・篠崎 克子(国際医療福祉大学大学院)
・坂本 飛鳥(西九州大学) )

詳細
会場 浅草橋ヒューリックホール
※総武線「浅草橋駅(西口)」より徒歩1分
※都営浅草線「浅草橋駅(A3出口)」より徒歩2分
対象 療法士、看護師、助産師、その他セラピストなど
定員  400名
※実技講義は70名
主催 ウィメンズヘルスケアラボ
株式会社エバーウォーク
共催 株式会社GLAB

イベントの詳細・申込みはこちら

その他イベント一覧