fbpx
  1. HOME
  2. ブログ
  3. 基礎体温と冷えとの関係

基礎体温と冷えとの関係

こんにちは!
女性のリハビリテーション研究会です。

 

今日は、基礎体温と冷えとの関係についてです。

 

基礎体温とは、
生命維持をするために必要な最低限の体温のことで、
安静時の体温のことをいいます。

 

女性の皆さんは一度は耳にした言葉ではないでしょうか?

 

基礎体温を図ることで、
排卵の時期を知るとともに、
心身の状態を把握することができ、
メンテナンスをすることが可能となります。

 

また、この基礎体温をチェックすることで、
『隠れ冷え性』を見つけることができます。

 

一般に体温は
・腋窩温 36.0〜36.7℃
・口腔温 36.5〜37.0℃
・直腸温 37.0〜37.5℃

に分けられ、それぞれ平均温度があります。

これは恒常性に身体を働かせるための適切な温度です。

この平均より低い場合、
恒常性がうまく保たれず機能低下、
もしくは異常を来すことがあります。

 

体内に張り巡らされた血管は、
体温が下がると交感神経の働きで収縮し、
体温が上がると副交感神経の働きで拡張する性質があります。

ということは、
体温が下がってしまうと内臓を取り巻く血管も収縮し、
血流が滞ってしまいます。

 

特に女性では卵巣や子宮周囲の血流障害が起き、
骨盤内のうっ血が起こります。

これが冷え月経不順に繋がっていきます。

 

温度の低下により、
細胞レベルで活動が低下してしまうと、
より恒常性が働かなくなりますし、
負の連鎖が働いてしまいます。

 

基礎体温は起きて活動する前の口腔温を図ります。

一定時間に測定し、温度変化をチェックしていきましょう。

 

高温期になる時期の直前が排卵の時期となります。

記録できるサイトもありますので、うまく利用するのも一つです。

基礎体温による変化、ホルモンの関係はまた次回お話しさせていただきます。

お読みいただき、ありがとうございました。

ウィメンズヘルスケアをさらに学びたいあなたにおすすめのイベント
登壇者

・丹羽 麻奈美先生(PALM care)
・萬福 允博先生(乳腺ケア 泉州クリニック)
・蒲田 和芳先生(株式会社GLAB、広島国際大学)
・新谷 礼先生(江川産婦人科)

詳細
会場 TKPガーデンシティ大阪梅田
※JR大阪環状線 大阪駅 桜橋口から 徒歩8分
※JR大阪環状線 福島駅 出口から 徒歩3分
対象 療法士、看護師、助産師、その他セラピストなど
定員  400名
※実技講義は80名
主催 ウィメンズヘルスケアラボ
株式会社エバーウォーク
共催 株式会社GLAB

イベントの詳細・申込みはこちら

その他イベント一覧