fbpx
  1. HOME
  2. ブログ
  3. 女性ホルモンと便秘の関係

女性ホルモンと便秘の関係

こんにちは!
女性のリハビリテーション研究会です。

今日は、女性ホルモンと便秘の関係についてです。

 

便秘にお悩みの女性は多くいらっしゃいます。

便秘となる原因は
冷えや身体機能面からみても様々ありますが、
本日は女性ホルモンの観点からお話していきます。

 

女性ホルモンの中で、
便秘に大きく関与しているのが
排卵後から月経までに多くなるプロゲステロン(黄体ホルモン)です。

 

プロゲステロンは、
女性の身体を妊娠に備えた状態にするホルモンで、
子宮内膜を受精卵が着床しやすい状態に保ちます

 

黄体ホルモンは、
身体を妊娠に備えた状態にするため、
体内の水分量を維持する働きがあります。

そのため、黄体ホルモンの分泌量が増加する月経前は
体内に水分を溜めるため、
大腸からの水分の吸収が促進されます。

その結果、大腸の中の便は水分が減った状態となり、
排出されにくくなってしまいます。

 

また、黄体ホルモンは排卵後に妊娠が成立した場合に備え、
腸の蠕動運動を減少させます。

そのため、便秘が引き起こされやすくなります。

 

妊娠の継続をサポートして、
女性の身体を守るための機能ですが、
便秘のままでは困りますよね。

腸の動きは、
蠕動運動だけでなく、
呼吸によって横隔膜が収縮・弛緩することでも起こります。

 

もしも、横隔膜に硬さや機能不全があった場合、
腸の動きにも制限が生じてしまうため、
さらに便秘を引き起こしやすくなってしまいます。

 

横隔膜が働きやすい環境に整えることでも、
便秘の解消につながります。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ウィメンズヘルスケアをさらに学びたいあなたにおすすめのイベント
登壇者

・田舎中真由美(フィジオセンター)
・蒲田 和芳(広島国際大学)
・山中 錠一(妊産婦整体 ふうふや)
・河合 麻美(ReMind)
・福場 美知留(アロマ・リンパセラピスト協会)
・小島 賢司(地域療育センターあおば)
・山上未菜子(女性のからだ研究室)
・篠崎 克子(国際医療福祉大学大学院)
・坂本 飛鳥(西九州大学) )

詳細
会場 浅草橋ヒューリックホール
※総武線「浅草橋駅(西口)」より徒歩1分
※都営浅草線「浅草橋駅(A3出口)」より徒歩2分
対象 療法士、看護師、助産師、その他セラピストなど
定員  400名
※実技講義は70名
主催 ウィメンズヘルスケアラボ
株式会社エバーウォーク
共催 株式会社GLAB

イベントの詳細・申込みはこちら

その他イベント一覧