fbpx
  1. HOME
  2. ブログ
  3. 妊娠と肌荒れ

妊娠と肌荒れ

こんにちは!
女性のリハビリテーション研究会です。

 

本日は、妊娠と肌荒れについてです。

妊娠初期に、ニキビやしみ、くすみなどの
肌トラブルを経験した方は多いと思います。

 

その原因は、
妊娠によりホルモンバランスが変化し、
プロゲステロン(黄体ホルモン)という
女性ホルモンが増えることで、
肌荒れを引き起こしていると言われています。

 

月経が始まる前になると、
同じように肌荒れを経験した方が多くいると思いますが、
月経が始まる前、
つまり排卵の時期にもプロゲステロンの数値は上昇します。

 

プロゲステロンには、
皮脂の分泌を促進する働きがあるため、
ニキビの原因となりやすいのです。

また皮脂量と水分量のバランスが崩れて、
肌が敏感になり荒れやすくなります。

 

そのため、妊娠初期や月経前の時期の肌荒れ予防には、
細めに皮脂は取り除く、
紫外線対策をする、
肌を清潔に保ち保湿をしっかり行う
等、基本的なスキンケアも含めて、
いつも以上に気を遣う必要があります。

 

また、妊娠初期には、
悪阻による食欲減退や過食、偏食によって、
ビタミンやミネラル不足といった原因も
肌荒れにつながりますので、
食事の面でも注意が必要です。

 

プロゲステロンは、
妊娠を継続させるために働くホルモンなので、
体内に脂肪や水分を溜め込む作用もあり、
むくみ便秘の原因にもなります。

 

もう一つの女性ホルモンである、
エストロゲンとのバランスが崩れると、
イライラしたり、
不安感に駆られる等、
情緒不安定になることもあります。

 

プロゲステロンの働きにより、
肌荒れや情緒不安定などの悩みもありますが、

妊娠・出産を無事に遂行させるためには
とても重要なホルモンなので、
これらの症状の原因を理解し、
上手く付き合っていけるようになると、
気持ちの面で少し楽になるのではないでしょうか。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

ウィメンズヘルスケアをさらに学びたいあなたにおすすめのイベント
登壇者

・田舎中真由美(フィジオセンター)
・蒲田 和芳(広島国際大学)
・山中 錠一(妊産婦整体 ふうふや)
・河合 麻美(ReMind)
・福場 美知留(アロマ・リンパセラピスト協会)
・小島 賢司(地域療育センターあおば)
・山上未菜子(女性のからだ研究室)
・篠崎 克子(国際医療福祉大学大学院)
・坂本 飛鳥(西九州大学) )

詳細
会場 浅草橋ヒューリックホール
※総武線「浅草橋駅(西口)」より徒歩1分
※都営浅草線「浅草橋駅(A3出口)」より徒歩2分
対象 療法士、看護師、助産師、その他セラピストなど
定員  400名
※実技講義は70名
主催 ウィメンズヘルスケアラボ
株式会社エバーウォーク
共催 株式会社GLAB

イベントの詳細・申込みはこちら

その他イベント一覧