fbpx
  1. HOME
  2. ブログ
  3. 分娩と股関節の関係

分娩と股関節の関係

こんにちは!
女性のリハビリテーション研究会です。

今回は分娩と股関節との関係をお話しします。

前回、仙腸関節と分娩についてお話ししましたが、
分娩時に仙腸関節が緩み、
骨盤が開くということは
同時に股関節が屈曲・外転・外旋するということです。

しかし、リラキシンホルモンにより
仙腸関節や周囲筋の緩みが不十分であったり、
股関節の可動性が少ないと
骨産道が十分確保できず、難産となります。

仙骨には内閉鎖筋や梨状筋が付着しており、
これらは大腿骨大転子および転子窩に停止をもちます。

股関節外旋の作用がある筋ですが、
ここで重要なのは骨盤底筋群と連結しているということです。

梨状筋や内閉鎖筋の硬さがあるということは、
連結をしている骨盤底筋群にも硬さが生じ
起始部である仙骨の可動性も制限します。

すると、分娩時の開排動作も困難となり、
十分いきむことができなくなります。

これでは娩出力が得られず、身体への大きなストレスとなりかねません。

胎児の重みと、
体重増加で骨盤が開けば
股関節屈曲・外旋位となり外旋筋群は短縮してしまいます。

骨盤底筋群の機能向上を図るには股関節の評価、治療も重要です。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

ウィメンズヘルスケアをさらに学びたいあなたにおすすめのイベント
登壇者

・丹羽 麻奈美先生(PALM care)
・萬福 允博先生(乳腺ケア 泉州クリニック)
・蒲田 和芳先生(株式会社GLAB、広島国際大学)
・新谷 礼先生(江川産婦人科)

詳細
会場 TKPガーデンシティ大阪梅田
※JR大阪環状線 大阪駅 桜橋口から 徒歩8分
※JR大阪環状線 福島駅 出口から 徒歩3分
対象 療法士、看護師、助産師、その他セラピストなど
定員  400名
※実技講義は80名
主催 ウィメンズヘルスケアラボ
株式会社エバーウォーク
共催 株式会社GLAB

イベントの詳細・申込みはこちら

その他イベント一覧