1. HOME
  2. ブログ
  3. 女性ホルモンと自律神経

女性ホルモンと自律神経

こんばんは!

女性のリハビリテーション研究会です。

本日は、女性ホルモンと自律神経についてお話していきます。

 

ホルモンは、身体の中で作られ、
体内の関係を調節したりコントロールしたしする働きがあります。

 

女性ホルモンとして有名なのが
エストロゲン(卵胞ホルモン)
プロゲステロン(黄体ホルモン)
です。

女性ホルモンは妊娠、
出産のために分泌するだけでなく、
女性の身体をしっとりと、
健やかに保つのに大切です。

 

しかし、これらのホルモンの分泌が乱れると、
月経不順や月経前の腰部や殿部痛などの運動器症状や、
めまいなどの自律神経症状、精神症状まで
多岐にわたる症状が現れやすくなります。

 

女性ホルモンのひとつであるエストロゲンは、
視床下部と下垂体に対してフィードバック作用を有しています。

つまり、視床下部と下垂体、エストロゲンを分泌する卵巣の3器官の
いずれかの働きが不十分な場合、
女性ホルモンの分泌が乱れることが予想できます。

 

今回は、その調整を自律神経から考えていきます。

視床下部は、自律神経の調整を行う総合中枢です。

自律神経は、循環、呼吸、消化、発汗・体温調節、内分泌機能、生殖機能、代謝のような不随意機能を総合的に調節しています。

 

基本的に不随意に調節されるものですが、
唯一、意識的に調節できるもの。
それは、『呼吸』です。

 

イライラしたとき、落ち込んだとき、
胸が高鳴ったときなど、深呼吸やため息、
息が上がるといった呼吸の変化がみられますよね。

イライラして心拍数が上がっているようなときも、
深呼吸を繰り返すと落ち着いてきます。

これは自律神経が関与しています。

吸気では交感神経、
呼気では副交感神経
が働くといわれています。

これを利用し、意識的に深呼吸などを行うことで、
自律神経を整えてみましょう。

その結果、視床下部、下垂体、卵巣の3器官の
相互作用が機能しやすくなり、
女性ホルモンの分泌が整いやすい環境となっていきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ウィメンズヘルスケアをさらに学びたいあなたにおすすめのイベント
登壇者

・丹羽 麻奈美先生(PALM care)
・萬福 允博先生(乳腺ケア 泉州クリニック)
・蒲田 和芳先生(株式会社GLAB、広島国際大学)
・新谷 礼先生(江川産婦人科)

詳細
会場 TKPガーデンシティ大阪梅田
※JR大阪環状線 大阪駅 桜橋口から 徒歩8分
※JR大阪環状線 福島駅 出口から 徒歩3分
対象 療法士、看護師、助産師、その他セラピストなど
定員  400名
※実技講義は80名
主催 ウィメンズヘルスケアラボ
株式会社エバーウォーク
共催 株式会社GLAB

イベントの詳細・申込みはこちら

その他イベント一覧