fbpx
  1. HOME
  2. ブログ
  3. 骨盤底筋群の相反する機能

骨盤底筋群の相反する機能

こんばんは、女性のリハビリテーション研究会です。

定期的にコラムを投稿しますので、みなさんご覧くださいね

 

早速ですが、

女性の身体の機能の中で要となる骨盤底筋群についてお話いたします。

 

骨盤底筋群の役割は大きく分けて2つ。

1つ目

弾力性のある骨盤底を形成し内臓を支えること。

 

2つ目

定期的に開口して排泄をコントロールすること

 

これらの2つの機能は、

相反することだということが想像できるでしょうか?

 

骨盤内臓器や腹部臓器は、

均等な内臓柱を形成し、

腸骨窩と坐骨恥骨枝の上端にのっている状態です。

 

骨盤入口には少なくとも重力に抗している限りは圧が加わっていることになります。

骨盤内臓器は骨盤底にのり、

会陰部は骨盤内臓器の下垂を妨げるために閉口していなければなりません。

 

ここの骨盤底筋群が何かしらの原因で硬いになってしまうと、

くしゃみや咳などの際に急激に上昇する腹圧に対応できず、

骨盤内臓器は圧縮されてしまうことになります。

 

骨盤底筋群がある程度の柔軟性を保つことで

腹圧のコントロールをし、

内臓を保護してくれているのです。

 

ある程度の支持性が必要です。

 

反対に、

排泄のコントロールでは選択的に開口し、

排泄物を体外に出します。

 

ということは選択的に緩ませる=弛緩力が必要ということになります。

 

男性と違って支持している臓器が異なりますので

男性と女性では骨盤底筋群の役割の大きさが異なってくるのです。

 

本日は骨盤底筋群の大まかな役割についてお話させていただきました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

ウィメンズヘルスケアをさらに学びたいあなたにおすすめのイベント
登壇者

・丹羽 麻奈美先生(PALM care)
・萬福 允博先生(乳腺ケア 泉州クリニック)
・蒲田 和芳先生(株式会社GLAB、広島国際大学)
・新谷 礼先生(江川産婦人科)

詳細
会場 TKPガーデンシティ大阪梅田
※JR大阪環状線 大阪駅 桜橋口から 徒歩8分
※JR大阪環状線 福島駅 出口から 徒歩3分
対象 療法士、看護師、助産師、その他セラピストなど
定員  400名
※実技講義は80名
主催 ウィメンズヘルスケアラボ
株式会社エバーウォーク
共催 株式会社GLAB

イベントの詳細・申込みはこちら

その他イベント一覧