歯のトラブルが招く妊娠への影響

Pocket

妊娠すると歯のトラブルを起こす方が多くいます。
それにはいくつかの原因があり、
妊娠すると増える女性ホルモンの影響も考えられています。
 
口の中で女性ホルモンを好む細菌が
増殖することにより歯肉炎を引き起こし、
歯肉が腫れたり、出血することがあります。
 
そして妊娠中にそのままにしておくと歯周病に繋がる可能性があります。
 
歯周病菌が血管内に侵入することで女性ホルモンの量が増加し、
羊水のプロスタグランジンが急激に増え、
子宮収縮を促して早産を引き起こしてしまう可能性もあります。
 
唾液には口腔内をきれいにする役割がありますが、
妊娠すると唾液の分泌量が減るため、
食後は口腔内が酸性に傾きやすくなります。
 
この酸が歯の表面を溶かし、
細菌が増殖しやすい環境を作ってしまうのです。
 
その他にも妊娠すると非妊娠時よりも免疫が低下するため
細菌に対しての抵抗力が弱まり虫歯や歯周病になったり、
食事の回数が増えて口腔内の清潔が保ちにくくなったり、
つわりで歯磨きができなくなったり、
嘔吐した時に口腔内がさらに酸性になることも原因となります。
 
歯の問題は妊婦さんだけではなく、
赤ちゃんへの影響もでてきてしまうため注意が必要です。

<p>《セミナー情報》<br />

「足部障害に対するリハビリテーションー外反母趾・内反小趾に対するハイヒールのフィッティングー」<br />

〔講師〕延原雅代先生<br />

〔開催日〕2018429日(日)<br />

〔時間〕10:0016:00<br />

〔定員〕36<br />

〔対象〕PTOTST

<a class=”q_button bt_yellow” href=”https://ssl.form-mailer.jp/fms/c56273c5559058″>『足部障害に対するリハビリテーション』お申し込みはコチラ▶︎</a></p>

 
 
Pocket

関連記事

  1. 卵子輸送は筋が作用する
  2. コルセットと体幹筋力
  3. 尾骨の位置、確認してますか?
  4. 分娩時の骨盤底筋群の働きとは?
  5. 分娩時の産道について
  6. 膣から血液が出てくるのは何故?
  7. 妊婦の歯周病が早産と影響する?
  8. 上肢位置によって骨盤底筋群の働きも変わる?
PAGE TOP